赤ら顔化粧水市販ランキング!人気でおすすめの治った口コミ体験談が知りたい!

赤ら顔で困っていませんか?また、赤ら顔を治す方法を探していませんか?治したいと思っても、皮膚科に通うには時間がなかったり、お金に余裕がなかったり…。そんな時、市販の化粧水で治療や対策ができればとてもお手軽です。そして、もし買うとしたら口コミ評価の高い物や、効果のしっかり現れる商品が良いですよね。

また、売り上げランキングの上位に来る商品はやはり信頼がおけます。この記事では、赤ら顔を治す方法や、赤ら顔を治す効果のある市販の化粧水、その商品の口コミについてまとめてみました。お勧めしたい商品のランキングも掲載しています!

赤ら顔の原因と対策

そもそも「赤ら顔」って?なぜ顔が赤くなるの?

一般的に赤ら顔と呼ばれる“顔が赤くなる症状”ですが、皮膚科などでは「毛細血管拡張症」という正式名称で呼ばれています。

そのメカニズムは、皮膚の真皮(真皮とは、皮膚の表面の内側にあり、肌組織の大部分を占めている、肌の本体とも言える部分のこと)の毛細血管が拡張したもので、血流が通常に比べて増加した状態になることで、皮膚が赤くなります。

その症状は、気温の変化や緊張、飲酒などでも現れますが、それらは時間が経てば治ることが多いです。しかし、治療を要する「毛細血管拡張症」は、毛細血管が拡張した状態が続き、顔が赤い状態が常に続いてしまいます。

 

なぜ、毛細血管が拡張したままになる?

赤ら顔の直接的な原因ですが、様々なものがあり、主に5つに分類されています。

  1. 先天性
  2. 2次的皮膚付属器の後天性疾患…膠原病や、癌性毛細血管拡張症など。
  3. 先行する皮膚疾患の部分症状…酒さ、静脈瘤、糖尿病性類脂肪性壊死、色素性乾皮症など。
  4. ホルモン…妊娠、副腎皮質ホルモン由来、卵胞ホルモンなど。
  5. 身体的損傷…紫外線皮膚炎、放射線皮膚炎、凍傷および熱傷など。

 

赤ら顔にもタイプがある!

毛細血管拡張症は、症状から以下の5つ(5型)に分類できます。

①単純タイプ

これは、血管の太さや長さは様々で、盛り上がりがなく、枝分かれのない形で血管が拡張した症状です。高齢者の鼻や、頬部に多く見られますが、若年でも認められます。

 

②樹の枝状タイプ

これは、ほぼ単純タイプと同じ見た目で、単純タイプとの違いは、血管が枝分かれしているところです。

 

③クモ上タイプ

これは、中心の血管から周囲360度にわたり、細かい血管が枝分かれします。上肢に現れることが多く、出産をきっかけに出現したり、心臓病や肝臓病に伴い出現することもあります。

 

④丘疹タイプ

これは、皮膚の表面からわずかに隆起した、小さい紅色の血管拡張です。赤みが斑点上で、直径は1ミリから1センチ程度です。胸や腹、背中に多く見られます。

 

⑤紅斑タイプ

1本1本の血管が確認できない淡い発赤が常にあるタイプです。若年層に多く、20歳から既にみられる症状です。

 

以上、主な症状5つを紹介しましたが、樹の枝状タイプ、丘疹タイプ、紅斑タイプが混合して現れる「混合タイプ」もあります。

赤ら顔化粧水の選び方!押さえておきたいポイント

様々なタイプと原因があることから、案外身近にある病状だということが伺えますね。
つまり誰にでも出現しうる症状なのです!

 

そうなればやはり、手軽な方法で対策や改善が見込めると嬉しいですよね。手軽な方法と言えば、毎日のスキンケアに取り入れることではないでしょうか?そこで、赤ら顔に優しく、効果的な化粧水の選び方、また押さえておきたい商品のポイントを説明します。

 

赤ら顔に効果的な市販化粧水の特徴

普通の肌は、肌を守るバリア機能が働いていて、炎症などを抑えるのですが、赤ら顔の肌はバリア機能の働きが弱く、傷つきやすい傾向が見られます。

 

赤ら顔のバリア機能の低下を改善するには、セラミドが入った化粧水を使うと良いです!

 

セラミドには、水分とコラーゲンが多く含まれており、弱った肌のバリア機能を蘇らせる働きがあります。
また、紫外線などの外部からの刺激にも強く、肌の潤いを保ってくれます。

 

それから、敏感肌用の化粧水も良いですね。

 

敏感肌用の化粧水は、肌のバリア機能が弱り、少しの刺激にもアレルギー反応を起こしてしまうような、敏感肌のために作られているものです。

 

なので、余分な香料や保存料、着色料などの添加物が入っていない、または少ないものが多いんです。

 

赤ら顔の人は、添加物などの刺激で、肌が赤くなってしまうこともあるので、添加物の入っていない敏感肌用や、オーガニックの化粧水がオススメできます。

 

化粧水を買ったら!自力で赤ら顔を治す方法

化粧水は付け方1つで効果が変わってきます。

 

赤ら顔で、コットンを長期にわたり使用している人は、コットンの使用を止めた方がいいかもしれません。

 

なぜなら、コットンは皮膚に無数の傷をつけてしまい、毎日のお手入れの蓄積で、肌の表面が痛んでしまうからです。

 

特に、コットンでパッティングして化粧水をつけている方は、そのパッティング自体が、赤ら顔の原因かもしれません。

 

化粧水をつける時は、手で優しく、ふんわりと抑えるようにして、肌に浸透させましょう。
また、少量ずつを丁寧に、優しく繰り返し付けていくと、肌が潤いやすいです。

 

なので、赤ら顔の人は「少量の化粧水を、繰り返し丁寧に、優しく肌を包み込むように、手でつける。」と良いでしょう。

赤ら顔化粧水ランキングと各商品の口コミ

赤ら顔に良い化粧水の特徴を知っても、どの化粧水にどんな特徴があり、実際に効果があるのか?わかりにくいですよね…。

 

そこで、市販の化粧水の中から、赤ら顔にお勧めの化粧水をランキング形式で紹介します!

ランキング1位
ここに説明文を入力してください。ここに説明文を入力してください。
項目名
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。

詳細ページ公式ページ

ランキング2位
ここに広告タグ(300 x 250)をコピペ
ここに説明文を入力してください。ここに説明文を入力してください。
項目名
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。

詳細ページ公式ページ

ランキング3位
ここに広告タグ(300 x 250)をコピペ
ここに説明文を入力してください。ここに説明文を入力してください。
項目名
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。

詳細ページ公式ページ

1位…ULU-シェイクモイストミルク

 

老若男女から確かな評価のある、実力派の「ULU」です。

 

この、ULU-シェイクモイストミルクには、セラミドが豊富に含まれていて、また、マイナスイオン水の浸透力で、そのセラミドが肌の角質層の奥の奥まで行き渡り、肌全体がふっくらと潤います。

 

敏感肌の方も安心して使用できるように考えて作られていて、完全無添加の化粧品です。
ですから、赤ちゃんからお年寄りまで使用できます。

 

さらに、ULU-シェイクモイストミルクは、オールインワン化粧品です。
なので、「ブースターに、化粧水に、乳液に、クリーム?あれ、美容液は?」なんていう、煩わしさがありません。

 

そして、ふき取り化粧水としても活用できる万能ぶりです。

 

スキンケアの終始を、完全無添加で済ませられるところは、大変魅力ですね。

 

また、このULUですが、サプリメント「ULUインナーモイストサプリ」もあります。

 

当然、サプリメントは体の内側から肌を改善していくものです。
赤ら顔の原因に緊張などがありますが、精神的なものは十分に、赤ら顔の原因になります。

 

ULUインナーモイストサプリには、体の巡りをスムーズにする働きのある「アスパラガス抽出物」が配合されており、自律神経の乱れを整えてくれます。

 

他に、プラセンタ、コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸、エラスチン、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6の、肌のバリア機能を強化する栄養素も配合されています。

 

そんなULUですが、実際の使い心地はどうなのでしょう?

 

使用者の口コミですが、良い口コミでは「肌の赤みが薄くなってきた」「毛穴が小さくなった」「浸透力の高さを実感」「ベタベタしないのに潤う」「体にも使えて良い」「肌に透明感が出てきた」などとありました。

 

どうやら、毛穴が目立たなくなり、キメの整った、透明感のある肌になるそうです。
また、浸透力の高さや、保湿力の高さを褒める声も多いです。

 

もちろん個人差はありますが、使用3ヶ月くらいで「肌の赤みが引いてきた、目立たなくなってきた」という声もありました。

 

一方、あまり良くない口コミでは「無添加のため、2ヶ月しか持たない」「少々お値段が高い」「重ね付けをするのでコスパが悪い」「翌日の朝の肌がピリついた」などがありました。

 

完全無添加ならではのデメリットが多く、また重度の乾燥肌の方にとっては、オールインワンと言うことで、少々さっぱりしているのかもしれません。

 

また、長く使用するからこそ効果が見込めるのに、お値段が高く、コストパフォーマンスが悪いのは、少々厄介ですよね。

 

このように、赤ら顔に聞く化粧水としては実績があり、完全無添加なだけに、ちょっぴり高級なULU。

 

肌の弱い敏感肌の方や、赤ら顔で長く悩んでいる方、乾燥肌で肌が傷みやすい方、商品の安全性を重視する方には「ULU-シェイクモイストミルク・サプリメント」がおススメです。

ULU-シェイクモイストミルクの詳しいサイトはこちら>>

ULUインナーモイストサプリの詳しいサイトはこちら>>

 

 

2位…ピオリナ

 

1000人の肌と声をもとに研究開発された「ピリオナ」。

 

このピオリナには、天然の漢方エキスが配合されており、美白成分で肌の赤みを消すのではなく、赤ら顔の根本的な原因である、肌のバリア機能の低下を回復させることに特化した商品です。

 

また、セラミドも豊富に入っていて、保湿効果も高く、外部からの刺激による肌の傷みを和らげてくれます。

 

そんなピオリナの特徴は、なんといっても漢方エキスです。

 

赤みの原因である”肌のバリア機能低下“とは、紫外線や間違いなスキンケアを受け、薄く弱くなってしまった肌の状態のことです。
この肌環境を整え、改善するには、肌のターンオーバー(表皮の新陳代謝)を整えなければなりません。

 

そこで効果的なのが、ピオリナに配合されている「朝鮮人参エキス」などの、肌の新陳代謝を活性化する漢方エキスです。

 

この漢方エキスが、肌の奥まで浸透することによって、赤みの原因が改善され、健やかでナチュラルな肌が作られます。

 

それから、このピオリナにはビタミンCも豊富に配合されていて、美白効果も期待できるので、ニキビ跡や傷による肌の赤み、肌荒れに悩む方にもおススメなんです。

 

さらに、ピオリナは添加物フリー処方なので、肌に余計な負担をかけません。

 

そんなピオリナですが、実際の使い心地はどうなのでしょう?

 

使用者による口コミですが…まず、口コミの数が他の商品と比べて多くありませんでした。

 

ですが、数は少なくてもしっかりしたレビューがありましたので、良い口コミから紹介すると「赤ら顔が治る」「小さい頃からの肌の赤みが引いた」「キメが細かくなり、ニキビも出来なくなった」「くすみが消え、健康的な肌になった」「肌荒れやニキビ跡が消えた」などの声がありました。

 

やはり、肌のターンオーバーを整える漢方エキスが配合されているので、健やかでキメの整った肌へ導いてくれるようですね。
また「赤みが引いた」という声も多く、1000人の赤ら顔ユーザーの声をもとに作られただけあるなぁ…と思います。

 

一方の、良くない口コミですが、なかなか少なかったです。
というのも前述した通り、ピオリナの口コミ自体が少なく「まだ世間にあまり知られていない」という印象を受けました。

 

それでも、赤ら顔解消に定評があり、漢方エキス配合というナチュラルな化粧水・ピオリナ。

 

長年の赤ら顔や肌荒れから解放されたい方や、肌環境を変えて肌のトラブルを軽くしたい方、肌に優しい成分でスキンケアしたい方、肌を若々しく保ちたい方には「ピオリナ」がおススメの1品です。

ピオリナの詳しいサイトはこちら>>

 

3位…ビタKレッドXトナー

皮膚専門家によって開発されたドクターコスメ「ビタKレッドXトナー」です。

 

このビタKレッドXトナーには、ビタミンKと植物成分が配合されており、肌の毛細血管の血流をスムーズにしてくれます。

 

また、紫外線や汚れた空気を受けると、肌にストレスがかかりますが、その肌ストレスから発生する活性酸素(人体の老化を促進させてしまうもの)に対抗するミネラルをふんだんに含んでいるため、本来の美しく健やかな肌を蘇らせます。

 

赤ら顔の原因の1つが、毛細血管の拡張ですが、ビタKレッドXトナーに配合されている“ビタミンK”は、血管内にある血栓(血液が血管内で塊を形成すること)を溶かす効果があるので、肌の毛細血管の血流を良くし、うっ血を解消します。

 

そうなることで、肌の毛細血管は拡張しなくなり、赤みが消え、植物成分との相乗効果で、ハリのある若々しい肌を取り戻すことが期待できます。

 

それから、無香料、無着色、鉱物油不使用、パラペン不使用、アルコールフリーで、肌に負担となる成分が取り除かれているので、安心して使用することができます。

 

ただ、完全無添加ではありませんので、化粧品による肌荒れを起こしやすい方は特に、注意されたほうが良いかもしれません。

 

何よりも、このビタKレッドXトナーは、皮膚の専門医たちの臨床経験を土台に、皮脂科学を根拠とし、患者さんのリアルな肌の悩みを反映して開発された、ドクターコスメであるというところが、信頼できます。

 

そんなビタKレッドXトナーですが、実際の使い心地はどうなのでしょう?

 

使用者の口コミによると、良い口コミでは「肌が赤くなりにくくなった」「敏感肌でも問題なかった」「肌の状態が安定する」「赤みも引いて、乾燥もしなくなった」「肌に馴染みやすく、保湿力も高い」などとありました。

 

肌の血行が改善、安定することから、肌の赤みが引いて、肌のコンディションが安定するようですね。また、保湿力もしっかりとあり、乾燥肌が解消されたとの声も多くありました。

 

一方の、あまり良くない口コミですが「敏感肌でも良いと思って使用したら痒みが出た」「いまいち効果の即効性に欠ける」「保湿力が足りない」などとありました。

 

完全無添加ではないことが響いたのか、肌に合わなかった方もいるようです。また、いまいち効果が実感できないとの声もありました。
赤ら顔の原因が、肌の血流の滞りでない人にとっては、効果が薄いのでしょうか。

 

しかし、肌の血流に着目し、皮膚科医ならではの視点で開発された、ビタKレッドXトナー。

 

体の巡りが悪い方や、お酒による赤ら顔の方、肌色が暗く自信のない方には「ビタKレッドXトナー」がおススメできます。

4位…白漢しろ彩

女性雑誌でも取り上げられ、赤ら顔専用化粧水としても広く知られる「しろ彩」です。

 

このしろ彩には、ショウガ根茎エキスなどの「広がった血管を元の正常な状態へ戻す」働きのある成分が配合されており、赤ら顔の原因の1つである、肌の毛細血管の拡張を抑えてくれます。

 

また、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分もしっかり配合されているので、潤いのある肌へ導いてくれます。

 

それから、しろ彩は独自の技術により、肌の角質層と同じ「ラメラ構造」を実現しており、つまり肌と同じ構造をした化粧水なので、グングン浸透していきます。

 

保湿はショウガ根茎、美白はブクリュウ、くすみや肌荒れにはセンキュウといった、厳選された和漢植物エキスが配合されており、赤ら顔専用化粧水として、肌に優しく作られているので、敏感肌の方も安心して使用できます。

 

そんなしろ彩ですが、実際の使い心地はどうなのでしょう?

 

使用者による口コミですが、良い口コミには「化粧水を手にとった瞬間、優しいとわかる」「肌トラブルが少なくなる」「赤みが薄まり、肌の状態が安定した」などとありました。

 

和漢エキスと、ラメラ構造による優しいつけ心地に定評があるようで、赤み以外の肌トラブルも減り、肌が綺麗になったとの声が多くありました。

 

一方の、あまり良くない口コミでは「保湿効果が薄い」「即効性がない」「超敏感肌に使ったら痒みがでた」などとありました。

 

浸透力が高いからか、化粧水をつけた時の保湿している感じが薄いのかもしれません。また、すごく敏感肌の方に対しては、肌に優しいと言っても、合う合わないが出てきてしまうようです。

 

しかし、赤ら顔に特化して作られ、肌に優しい成分とつけ心地に定評があるしろ彩。

 

化粧水の浸透力を重視する方、アトピーなどの肌トラブルを併発している方、火照ったような赤ら顔の方には「白漢しろ彩」がおススメです。

白漢しろ彩の詳しいサイトはこちら>>

 

まとめ

赤ら顔の原因や症状、また手頃なセルフケアとして使える化粧水について紹介しましたが、やはり、肌質は人それぞれ異なります。

 

特に化粧水については、良かれと思って購入したもので、逆に悪化させてしまったり、別の肌トラブルを招いてしまうと、振り出しに戻ってしまうので、商品サイトで、商品の注意書きや配合成分表を良く読み、吟味したほうが良いと思います。

 

でも、赤ら顔で悩んでいる人は、決して少なくないです!

 

ここで紹介したような専用の化粧品も開発されているわけなので、前向きに治していきましょう!赤ら顔に限定した話ではなく、肌に1番悪いのは「ストレス」ですから…。

 

皆様の赤ら顔が少しでも良くなりますように…

ULU-シェイクモイストミルクの詳しいサイトはこちら>>

ULUインナーモイストサプリの詳しいサイトはこちら>>

ピオリナの詳しいサイトはこちら>>

白漢しろ彩の詳しいサイトはこちら>>